入居者募集で改めて見直される募集看板

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最近不動産仲介会社の間でもIT化の波が押し寄せてインターネット上から賃貸や売却物件の紹介を行っていることろが増えていますが、実際に利用したい地域を自分の目で確かめたいという方も根強く存在するので、入居者やテナントなどを募集する看板が改めて見直されています。なぜなら看板を見て連絡してきたということは、その物件に対して好感をもっているからです。
不動産管理会社が貼るポスターには会社名と連絡先しか書いてありませんので、これではお客様が見ても気を惹くことは難しいでしょう。目に留まるような募集看板を作成し、セールスポイントをアピールすることができれば、興味を持ってもらうことができるので、空き物件の解消にも繋がります。

何をアピールすればよいか

それでは募集看板に何を書けばよりアピール力が高まるでしょうか。まずは不動産管理会社の名前と連絡先は最低限必要ですが、それだけでは出来合いのポスターと何ら変わりはありません。そこで入居者を想定して興味を示すような事柄を追加していきます。
例えば住居でしたら間取りやエアコンなどの付帯設備、ペットが飼える物件でしたらそれも記載しておくと良いでしょう。テナントでその物件が居抜きであるなら、すぐにお店を開ける旨と前のお店の業種を書いておくと同じ業種からの連絡が増えます。また、駅から近い物件であれば駅までの徒歩での時間も書いておくと交通の便が良いことをアピールできます。オーナーや不動産管理会社にとって空き物件を減らしたいという思いは一緒なので、積極的にアピールすることは重要なポイントです。

実際に発注する手順

募集看板を最初からデザインするのは、オーナーが法人でデザイナーに注文できたりする場合には可能ですが小規模な個人オーナーでは費用の面など難しい場合があります。最近では入居者募集などのテンプレートの中から目的に合わせたものを選び、素材と記入したいことを注文するだけで看板を作成してくれるインターネット上のサイトが多数ありますので利用すると良いでしょう。看板の制作費用は少数作成する場合でも比較的低価格のものも多く、個人オーナーの方にも注文しやすい金額になっています。今まで何でも不動産会社に任せていたオーナーには面倒な話に聞こえるかもしれませんが、広告費やリフォーム費と比べてもお手頃で費用対効果が高い方法ですので、作成することをおすすめします。

ピックアップ記事

入居者募集で改めて見直される募集看板

最近不動産仲介会社の間でもIT化の波が押し寄せてインターネット上から賃貸や売却物件の紹介を行っていることろが増えていますが、実際に利用したい地域を自分の目で確かめたいという方も根強く存在するので、入居...

スタンド看板にも耐用年数はあります

会社や店舗などでスタンド看板を購入した場合、たいてい一括で購入しますので全額損金として計上してしまう所もありますが、これもれっきとした資産として計上できます。耐用年数が設定されていて価格によっては減価...

看板に使用する素材はどのようなものが良いか

看板を発注するにあたってまず気にするのは見た目のスタイルやサイズ、重量など設置する場所を意識したものを思い浮かべます。そのときについ見過ごしてしまうのがどの素材で看板を作るかです。同じデザインの看板を...

おしゃれな看板を作るためには

これから新規に店舗の前に看板を置く場合、どうせだったら人目を引くおしゃれなものを置きたいと思うのは誰もが考えることです。しかしいざ自分でデザインしようとなると、どういったものが一番おしゃれに見えるのか...