成果が出る会社はどこ?メールマーケティング比較

top > メールマーケティング情報 > メールマーケティングで成果を出すための工夫策

メールマーケティングで成果を出すための工夫策

インターネットが登場してから遠隔地にいる人とのやり取りがきわめて円滑にできるようになり、とても便利になりました。
現在ではインターネットを利用したサービスやコンテンツが充実しており、これからもますます多くなっていくことのように思えるほどです。これは娯楽や情報共有ばかりに言えることではなく、商業分野にも当てはまります。その最たるものがメールマーケティングです。
文字通りEメールを介して商品の宣伝や情報発信を行うもので、メールマガジンのひな型が用意できれば何枚も同じものを用意しなくても大勢に向けて宣伝が行えることが特徴です。効率性のほかにも、マガジンの中に企業独自の特徴を加えて面白みを出すなど、アレンジの方法が多彩なことも強みになっています。

メールマーケティングはインターネットの特徴を最大限に生かしていると言えますが、宣伝を行う以上その成果が出てこなければ意味がありません。
成果を出すにはいろいろと工夫が必要になります。とくに工夫を凝らさなければならないのがマガジンのレイアウトです。
メルマガは人に読んでもらう物、つまりは人にとって読みやすい作りを心がけなければなりません。通常のEメールとは違い、文字をただつらつらと並べただけでは効果的な宣伝にはならないでしょう。メルマガに必要なことは伝えたい情報が伝わることです。
例えば、新商品の宣伝がしたければ文章と一緒にその商品の写真も掲載すると何の宣伝なのかが明確に伝わります。一番注目して欲しいところは色つきの枠で囲う、文字の大きさやフォントを変えるといった他の部分と違った特徴を持たせておくと目を引きやすくなります。クーポンを付けたりクイズなどの遊びを取り入れたりすると、メルマガを読む楽しみにもつながっていきます。

メルマガを配信する上で重要なことがもう一つあります。「インターネットには危険が付きもの」とはよく言われますが、メルマガを扱ううえでも重大な事故が起こり得ます。取り返しのつかないことにならないよう、事故の対策もよく考える必要があります。メルマガは発信先のメールアドレスに向けて送ります。
もし顧客のアドレス情報の管理が徹底されていなければ、何かしらの理由でそれが流出ということが起こり得ます。これを防ぐためにはメルマガ配信とアドレスの管理を別に行うなどの工夫が必要です。
また、複数人で作業を行うこともとても重要です。お互いに作業のチェックを行えば、事故につながる要因を発見しやすくなります。

次の記事へ