成果が出る会社はどこ?メールマーケティング比較

top > メールマーケティング情報 > 性別に着目したマーケティングでメール送信

性別に着目したマーケティングでメール送信

男性もしくは女性という性別は、マーケティングには大いに関わってきます。
少なくとも性別を意識して販促活動を行う方が、効率的だからです。
例えば男性向け製品を、主に自社で扱っているとします。
いわゆるメンズの衣類を扱っていて、販促活動を強化したいというニーズは大変多いです。
それで男性向け製品を扱っている以上は、やはり男性に対して宣伝を行っていく必要はあります。
女性向け製品ではありませんから、女性に宣伝を行ったところで、効果が限定される可能性が大いにあるからです。
ところで販促活動の際には、しばしばメールが活用されます。
既存顧客のリストなどを活用して、営業活動を行う事も珍しくありません。
その場合は、リストから男性をピックアップした上で、メール送信を行う方が良い訳です。
アトランダムに送信するよりは、明らかに販促効率が良くなるからです。



メルマガ配信とメール利用のマーケティングの相違点

メルマガ配信とメールマーケティングの相違に関してですが、まず第一にメルマガ配信と言いますのは、登録メンバーに対して一括で同一の内容を送り届けるという方法です。
定められた曜日、あるいは時間に、一切合切のエントリー会員全員に対して同じ内容を送り込むことになります。
一方メールマーケティングと言いますのは、登録メンバーひとりひとりに対して最適化済の中身を最適化されたタイミングで送り届けるという方法になります。
具体的に言いますと、登録メンバーの性別といった属性であったり登録日時にフィットするように個々に中身の全く違う内容を異なるタイミングで送り届けることとなります。
前者は、登録メンバーに対して画一的に届け、後者はいろいろなコンテンツを用意し考えて最適化済の内容を届ける方法になります。
この相違点はしっかりと理解することが重要になります。



メールで行うマーケティング方策のメリット

メールマーケティングにつきましては、基本として配信システムを活用して展開します。
配信システムの月々の利用料は、別のサービスと照らし合わせると安い金額であり、加えて、配信先となる該当者はもうすでにメルマガにエントリーしてもらっている登録メンバーになるので、コンバージョンに断然結び付き易い層に対しての方策であると言えます。
その結果、手際よく活用して成果を上げれば、配信のコストに対して非常に高いコンバージョンの成果を期待できます。
マーケティング方策には、他にも、Webコマーシャルやチラシ、さらにFAXなど、クライアントに対しまして多種多様なコンタクトがありますが、こうした方策のコストと比べると、メールマーケティングは格段に安い費用でスタートすることができます。
数千円よりスタートすることができるサービスもありまして、中小零細企業、あるいは個人店であっても簡単に導入できます。

次の記事へ