成果が出る会社はどこ?メールマーケティング比較

top > メールマーケティング情報 > 顧客を意識したメールによるマーケティング

顧客を意識したメールによるマーケティング

 これまでもメルマガ等を利用したマーケティングは行われてきましたが、なぜ今メールによるマーケティングが注目されているのでしょうか。それは、ビッグデータとオートメーションシステムを利用するによりワントゥワンのマーケティングが可能になったからです。
ワントゥワンとは、一対一のサービスのことを指します。まるで一対一で接客しているかのように、顧客の求めている情報を提示することができれば、これまで以上の成果をあげることができるはずです。顧客1人1人に最適な情報を提供するには、これまでなら膨大な手間とコストがかかりました。それが、ビッグデータとオートメーションシステムを組み合わせることで、人の手を煩わせることなくメールで情報を届けることが可能になっています。旧態依然としたメルマガを一斉配信するのではなく、これからは戦略的に情報を提供することが可能です。いち早くそれを取り入れたところから成果をあげはじめています。


メールによるマーケティングを始めましょう

 自社の商品やサービスを販売する上で宣伝は非常に重要なポイントですが、最近注目されているのがメールによるマーケティングになります。代表的なメルマガはもちろん、他にも様々なマーケティングの方法があり、上手く活用することで売上アップにも繋がるメリットがあります。コスト自体はそれほどかかりませんので、まずはインターネットでメールによるマーケティングの情報をチェックして、自社の商品やサービスの宣伝に役立ててください。
始めたばかりですぐに効果が期待できるほど即効性はありませんが、お得意様に継続的に宣伝することでリピートしてもらう可能性が上がったり、新規顧客の獲得方法としても効果的な方法です。実際に利用して売り上げがアップした企業も増えていますので、周りのやり方を参考にしながらコツコツ努力を続けてください。


メールでマーケティングでの最重要ポイントは件名

 メールを活用しマーケティングを行う際、もっとも重要なポイントは何でしょうか。重要ポイントはいくつかありますが、もっとも重要なポイントはいかに興味を持ってくれる件名を考え出せるかでしょう。どれほどメールを配信したとしても、顧客の興味をもってもらい開封してもらわなければ配信する意味がありません。WEBサイトやブログなどにも言えることですが、興味深い件名を考えられるかどうかが開封してもらえるかどうかを左右します。
その上で、顧客が予想した以上の内容が書かれていることが大切です。どれほど件名を工夫しても、内容が伴っていなければ次から開封されない可能性があります。顧客の多くは想像以上に賢明ですから、こけおどしの件名だけでは注意を惹きつ続けることはできません。興味を引く件名とそれに見合う内容があってこそ、また開封しようと思わせることができます。魅力的な件名をどう考えるか、そして顧客の興味を引く情報を提供できるか、この2つポイントはメールを活用したマーケティングでは欠かせません。メルマガ配信は簡単にできますが、顧客に興味を持ってもらうことはそれほど簡単なことではありません。

次の記事へ